(最終回)(具体例編6)勉強法を変えたら急激に成績が伸びた話

今日は商業登記法について触れたいと思います。 ●平成28年の午後の問題はコチラ http://www.moj.go.jp/content/001199818.pdf 問28 肢イ  正答率は6割ほどのようです。 成年者の登記において,未成年者の営業の許可の取消しによる消滅の登記は,法定代理人のほか未成年者自身も申請することができる。 答えは○です。 (理由) 未…

続きを読む

勉強法Comment (5)

(具体例編5)勉強法を変えたら急激に成績が伸びた話

今日は不動産登記法について触れたいと思います。 ●平成28年の午後の問題はコチラ http://www.moj.go.jp/content/001199818.pdf 問19 肢ア  正答率は8割程度のようです A及びBが所有権の登記名義人で持分が各2分の1である甲土地及び乙土地について,甲土地につきAの単独所有,乙土地につきA持分4分の1,B持分4分の3とする共有物分割を登…

続きを読む

勉強法Comment (0)

(具体例編4)勉強法を変えたら急激に成績が伸びた話

今日は司法書士法について触れたいと思います。 ●平成28年の午後の問題はコチラ http://www.moj.go.jp/content/001199818.pdf 問8 肢ア  予備校によれば正答率は7割程度 司法書士法人Xは,その成立の時に,A地方法務局の管轄区域内に設立された司法書士会の会員となる。 答えは○です。 (理由) 司法書士は司法書士会を…

続きを読む

勉強法Comment (0)