本試験では問われない?組織再編の知識

雑談です。

まだ司法書士事務所に勤めだして、1か月も経っていません。

研修期間ということで大体6時くらいで帰宅していますが、時間が有り余っているので何か勉強したいと思いまして買いました。

・商業登記ハンドブック
・合併ハンドブック
・会社分割ハンドブック

を。

三冊重いw

合併ハンドブックをパラパラと眺めていたら・・・

「?!」

と急に思い出しました。

今年の商業登記の聴取記録で「労働契約がうんたら」という記載があったなと。

下の画像の一番下の記載です。

●平成28年、商業登記記述の聴取記録
20161127_214852.jpg

本試験当日は不動産登記法に予想外の時間を使ってしまったため、ややパニック気味で商業登記を解いていたのですが、この労働契約ってのはなんだ?!なんなんだ?!と飛び込んできたんですね。

テキストにも過去問にもでていないものです(たぶん)。

債権者保護手続きやら株式買取請求権やら、何回も見ましたが労働契約なるものを初めて見たので、コレはなんや!?!っとなったわけです。

パニック状態に油を注ぐようなもんです。

何か添付書面で増えるのか?!と一瞬考えましたが、知らないことなので考えるのをヤメてサッサと本題に戻ったので良かったですが。

あそこでムダに勘ぐって時間を使っていたらと思うとゾッとします。

この労働契約うんたらは早い話、合併やらで消滅する方の会社の従業員が生き残る方の会社に移動してくるけど、その人たちとの労働契約はどうすんの?ってことのようです。

合併は包括的に承継するわけなので、スジから考えれば消滅する方の会社の労働条件をそのままの形で引き継ぐことになります。
それだと生き残る方の会社の社員との差異があるので、雇用契約や事務手続、その他色々なことで会社運営に負担がかかるってことです。

一つの会社に複数の就業規則があったらメンドウですもんねぇ。

休日や労働時間の定めもバラバラだと会社の運営に支障をきたすと思います。

だから、合併契約の時にそういった部分も詰めておく。

なるほどねぇ。。

他には一般貨物自動車運送事業の合併には国の認可がいる、とかも新事実です(私にとっては)。

●国土交通省 案内情報、様式等について
http://www.mlit.go.jp/onestop/007/images/007-021.pdf

合併時に独占禁止法も関わってくるようですが、ここはまだ読んでないです。

というか独占禁止法の条文を一度も見ていないなぁ。。

こういった内容は試験勉強では出てこなかった部分なので、読んでいて結構面白いです。

とまぁ、ひよっこが手を出していい部分ではないと思いますが、今のうちに知識を重ねておくのもいいかなと。

事務所では今のところ商業登記を担当させてもらっていますが、組織再編もあるようなので
今後が楽しみです。

こんな感じでハンドブックを読んでいたら本試験のことを思い出して懐かしくなった一日でした。

そういえば、今日はTAC主催の合格祝賀会のようですね。

ラインのグループに色々な画像がアップされているので、ヒソカに楽しんでます。

29日(火)はLECの合格祝賀会があって招待状も届きましたが(なぜか同じものが3通)

平日なのでちょっと行けそうにありません。

行ける方は楽しんでください(^O^)

終わり

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

この記事へのコメント