(3)勉強法を変えたら忘れにくくなった話

gogo_29.jpg

上の画像は平成28年度の午後29問目を写メったものです。

コメント欄からご質問いただいたので、それについて答えたいと思います。

1) 商業登記法の先例についての対策
2) 午後の商業登記第29問の肢ウ・エは知っていたか
from ノンフロンさん

1)の先例ですが、テキストと過去問に記載がある先例は全部勉強していました。
過去問は辰巳のやつを使っていたのですが、昭和の問題もやった方が良いと思ったので
昭和の問題についてはレックのものを使っていました。
レックの過去問は普通に買うと高いので、2010年度版のものをAmazonで買いました。確か500円もしなかったと思います。
答練・模試で出題された未出の先例は、記憶しませんでした。出るかもわからないものですし、それに力を注ぐぐらいならテキスト・過去問をやったほうが点数に繋がると思ったからです。

2)本試験後、問題をほとんど見ていないので記憶がわずかですが・・・
肢イ以外は、自信持って〇×を付けてるので、推理も使わず解いていたようですね。
ちなみに、確か〇だったよな~という肢なら「△〇」と書いてます。

肢のウですが、これはリアリスティックのテキストにそのまま載っている知識ですね。
私も記憶していました。

例えば絶対的記載事項である目的を定款に記載し忘れた状態で、公証人のチェックも通ってしまった場合
あとから追加しても、これは無効な定款です。

理由は、これを許すと絶対的記載事項をわざわざ設けた意味も、公証人を通した事も意味がなくなるから、と覚えていました。(公証人が見逃したという点は置いておいて)

肢のエ、あとから絶対的記載事項を「変更」することは可能です。事情が変わることもあるでしょうから(変態設立事項を除く(午前平成21年の27問目肢ア))。

ちなみに、肢のエが募集設立なら公証人への再提出は不要です。
理由は、発起人以外の人間が創立総会時に株主として関わっているので、そんなムチャはしないだろうと考えられるからです(※立法趣旨は知りません)。

ご質問の内容からするとノンフロンさんがお持ちのテキストには記載が無かったということでしょうか?

また、何か質問とかあれば分かる範囲ですが答えたいと思うのでよろしくお願いします。m(_ _)m

是非、ボタンのクリックをお願いします m(_ _)m
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • ノンフロン

    ありがとうございます。

    そうですね、やはりこの先例は過去問にもあるし記憶するべきところですね。
    私は、Wセミナーのスタンダート合格テキストの商業登記法を使っているのですが、肢ウとエの先例は載っていませんでした。
    同テキストは、おそらく会社法制定後の平成18年以降の過去問だけを元にしているようです。

    違うテキストを検討したほうが良いでしょうか。
    また、その場合、オススメのテキスト等を教示いただけたら幸いです。



    2016年11月07日 17:20
  • つー

    コメントありがとうございます(^0^)

    私はリアリスティック以外のテキストはまともに使ったことがないので、どこのテキストが良いのかアドバイスすることはできません。
    ただ言いたいのは、ノンフロンさんが利用しているテキストで一体何問正解できたのか、これは把握される必要はあると思います。出題された内容がテキストに記載されているか自分で探してもいいですし、予備校に問い合わせしても良いと思います(教えてくれるかは分かりませんが)。

    例えば、辰巳の松本先生、朝倉先生、TACの姫野先生はご自分が出しているテキストで今年の本試験、何問正解できたのかハッキリと公開されています。
    そういった講師のテキストを利用するのが良いのではないか、と思います。
    理由ですが、平成24年、27年は過去問の焼き直しが沢山出題され、そういう年度はどこの予備校のテキストを使用していても合格できると思いますが、平成26年、28年の本試験では過去問からの出題は少なく、情報が足りないテキストを利用している受験生は相当不利な状況で本試験に挑むことになりました。
    司法書士試験は0.5点に何十人もひしめき合う試験です。
    たかが0.5点、されど0.5点。
    少しでも他の受験生より有利な武器を手に入れる必要があると思います。

    ただし、多くの武器を手に入れようと、手を広げすぎるのは(会社法の専門書を買う等)ヤメた方がいいと思います。

    以上、私見でした。


    >ノンフロンさん
    >
    >ありがとうございます。
    >
    >そうですね、やはりこの先例は過去問にもあるし記憶するべきところですね。
    >私は、Wセミナーのスタンダート合格テキストの商業登記法を使っているのですが、肢ウとエの先例は載っていませんでした。
    >同テキストは、おそらく会社法制定後の平成18年以降の過去問だけを元にしているようです。
    >
    >違うテキストを検討したほうが良いでしょうか。
    >また、その場合、オススメのテキスト等を教示いただけたら幸いです。
    >
    >
    >
    >
    2016年11月08日 01:27
  • ノンフロン

    親身になってお答え頂きありがとうございます。

    本年度の問題とテキストを改めて確認し、検討していこうと思います。

    ありがとうございました。 
    2016年11月08日 18:20